大阪府大阪市中央区日本橋の漢方薬局・漢方相談は漢方薬局- 戎橋阪本薬局 | 梅雨から夏に気をつけること 大阪府大阪市中央区日本橋の漢方薬局・漢方相談は漢方薬局- 戎橋阪本薬局 | 梅雨から夏に気をつけること
大阪府大阪市中央区日本橋の漢方薬局・漢方相談は漢方薬局- 戎橋阪本薬局 | 梅雨から夏に気をつけること
メールで問い合わせる プライバシーポリシー サイトマップ
ホーム 阪本の赤まむし オンラインショップ 店舗案内
ホーム > 症状別ご相談 > 梅雨から夏に気をつけること
梅雨から夏に気をつけること

大阪府大阪市中央区日本橋の漢方薬局・漢方相談は漢方薬局- 戎橋阪本薬局 | 梅雨から夏に気をつけること
  暑くてムシムシして、不快指数120%の今日この頃。外にいるだけで、じとっとしてきます。日本特有のこの季節、水はけの良くない体質の人は、調子が悪くなりやすいのです。これは同気相求といって、内に溜まった湿と、外にある湿がお互いに引き合うのです。手足や顔がむくみ易い人などは、この季節だけでなく、常に身体の中をカラッと保てるような生活を心掛けましょう。

梅雨になりやすい「湿濁」
 身体には適度な潤いが必要です。しかし、水分の代謝が上手く行かず、停滞すると、汚く濁った湿気「湿濁」になり、身体がむくんで重だるい・食欲不振・下痢など、夏風邪と同じような症状があらわれ、体調を崩す原因になります。梅雨時や夏の蒸し暑い季節は、外気の湿度が非常に高くいので、汗がさっぱりとは出ません。

 その為、余分な湿気や水分が体内に停滞して「湿濁」になります。「湿濁」の原因は単に梅雨の湿気だけではありません。冷たいもの(生もの・ジュース・ビールなど)の摂りすぎや、慣れない旅先で慣れないものを食べたり飲んだりして、胃腸の働きが弱まり、水分代謝が悪くなり、「湿濁」ができます。「湿濁」が溜まると、胃腸の働きは悪くなるし、栄養が吸収できなくて、全身の新陳代謝が低下します。

 このような時にいくら栄養剤を飲んでも吸収しにくい状態ですから、なかなか症状は改善しません。まず、体内から「湿濁」を追い出し、新陳代謝を活発にすることが重要です。

 代表的漢方薬は香正気散や玉弊風散などで、多くの処方があり、症状や体質に応じて異なります。

夏風邪
 梅雨から夏の風邪は、身体が重だるく、頭痛や肩こりも鈍い・胃腸の調子が悪くなって、食欲不振・軟便や下痢気味・熱は、午後からよるにかけて微熱程度という症状の方が多いです。湿気の国・日本には多く見られる症状です。クーラーによる冷え、冷たいものの摂り過ぎ、寝不足などなど。これは「湿濁」によるものです。

 急激に身体を外からも中からも冷やさないようにしましょう。代表的漢方薬は香正気散や玉弊風散などなど沢山の処方があり、症状や体質に応じて異なります。

リウマチ・神経痛などの痛み
 梅雨時でなくても、曇りや雨が降る時にひどくなる痛みは「湿濁」が関係しています。水はけを良くして湿気を取り除くことで、痛みが緩和されるようにします。代表的漢方薬は越婢加朮湯や麻杏甘湯などなど沢山の処方があり、症状や体質に応じて異なります。

 更に、リュウマチや炎症を起こしている場合は、炎症を抑えたり、関節の変形や、筋肉の萎縮を抑えるような午膝・杜仲などの生薬や漢方薬、亜鉛やカルシウムなどなどのミネラル類なども、症状や体質に合わせて、組み合わせて処方します。

ここに載せているのはあくまで一般的な例です。
症状によってお一人お一人使う処方は異なります。必ずお問い合わせ下さい。

症状別ご相談トップへ戻る
▲ページトップ
日本橋の漢方薬局 戎橋阪本薬局