大阪府大阪市中央区日本橋の漢方薬局・漢方相談は漢方薬局- 戎橋阪本薬局 |  男性の更年期 大阪府大阪市中央区日本橋の漢方薬局・漢方相談は漢方薬局- 戎橋阪本薬局 |  男性の更年期
大阪府大阪市中央区日本橋の漢方薬局・漢方相談は漢方薬局- 戎橋阪本薬局 |  男性の更年期
メールで問い合わせる プライバシーポリシー サイトマップ
ホーム 阪本の赤まむし オンラインショップ 店舗案内
ホーム > 症状別ご相談 > 男性の更年期
知っていますか?男性の更年期

 最近、男性の更年期が注目されてきました。漢方では、「男性の身体は8年ごとに変化する」と考えられており、40歳が老化の始まる分岐点となります。

 男性の更年期の特徴は、24〜30歳まで続いたエネルギーのピークが、40歳から急に衰えていく事です。

●40〜48歳で
 
気力・体力の衰えと共に、性機能の衰えが顕著になります。

●48〜56歳で
 
排尿機能に支障が出て
きて、イライラしたり、神経質になったり、不安定になるなどの、精神的な面の変化が大きくなります。

●56歳から老化が本格的になり64歳くらいで、老化の変化は終わり、ゆっくりと年を重ねていきます。

 男性には、「月経」という女性のような目に見える、はっきりした症状が無く、「男性の更年期」という言葉さえ、一般に認知されておらず、また、性機能の衰えや排尿障害は、心に大きなダメージを与えやすい症状です。「自分はそんなんじゃない、まだまだ若いんだ」と、なかなか状況を受け入れられない方が多いようです。

 さらに、仕事や家庭など、非常に大きなストレスを抱える年代でもあり、精神的な不調を放っておくと、本人には自覚のない「仮面うつ病」に陥ってしまっている方が決して少なくありません。
手遅れになる前に、周囲の早め早めのサポートが大切になります。

高齢化社会の中で、「性」というものの持つ意味が、若い方のものだけでは無くなってきています。
お客様には、日々、「生涯現役」でいていただきたいと思います。当店には、人生を謳歌してきた男性の薬剤師もおりますので、安心してお問い合わせ下さい。

●様々な症状に使用される漢方薬・生薬はこちら
疲れやすい
どんなに眠っても身体がだるい
お酒が、飲めなくなってきた・直ぐに酔う
六味丸、補中益気湯、など

細かいことが気になる
ちょっとしたことですぐイライラしたり、カッとなる
ズーンと気持ちが沈むとなかなか浮上出来ない
抑肝散陳皮加半夏、柴胡加竜骨牡蛎湯、帰脾錠、酸棗仁湯など

性機能の衰え
セックスするのが面倒だ
勃起の時間が前より短い、起ちにくい
射精の時間が早くなった
ED(勃起不全)かも・・・
至宝三鞭丸、海馬補腎丸など

残尿感・尿の切れが悪い・尿の出が悪い
頻尿
牛車腎気丸など

ここに載せているのはあくまで一般的な例です。
症状によってお一人お一人使う処方は異なります。必ずお問い合わせ下さい。

症状別ご相談トップへ戻る
▲ページトップ
日本橋の漢方薬局 戎橋阪本薬局