大阪府大阪市中央区日本橋の漢方薬局・漢方相談は漢方薬局- 戎橋阪本薬局 期 |  PMS:月経前症候 大阪府大阪市中央区日本橋の漢方薬局・漢方相談は漢方薬局- 戎橋阪本薬局 期 |  PMS:月経前症候
大阪府大阪市中央区日本橋の漢方薬局・漢方相談は漢方薬局- 戎橋阪本薬局 期 |  PMS:月経前症候
メールで問い合わせる プライバシーポリシー サイトマップ
ホーム 阪本の赤まむし オンラインショップ 店舗案内
ホーム > 症状別ご相談 > PMS:月経前症候群について
PMS:月経前症候群について

 男性と女性の一番大きな違いは、女性には子宮があり、毎月 「月経・経血」 があることです。

 生理の約2週間前(排卵期から高温期の間)から、胸が張るとか、ものすごくイライラするなど、心と体に様々な困った症状が現れることを、「PMS:月経前症候群」と言います。

 アメリカではPMSに悩む女性が非常に多く、深刻な問題となっています。

〜あなたにもある?PMSチェック〜
A。身体に出てくるPMS症状 B。心に出てくるPMS症状

●乳房が張る・痛い

●ものすごいイライラする
●吹き出物・ニキビが出来る

●何気ない一言にいちいち反応して怒り出したりする

●肌が荒れて化粧ノリが悪くなる ●攻撃的になり怒りっぽくなる
●下痢 or 便秘する ●すごくネガティブになり、何もかも嫌になる
●食欲がものすごく増す or なくなる ●自分がすごく嫌いで、自分を持て余す
●手足の冷え or ほてり ●気持ちが不安定で、コントロールできない
●顔や手足がむくむ ●不安がつのったり、涙もろくなる
●肩こり ●物事に集中できない
●めまい ●性欲が増したり、逆にSEXしたくない
●なんか頭が重い ●生理がものすごい嫌になる
●頭痛 C。人との関わりに出てくるPMS症状
●下腹が張る・痛い ●仕事や物事が、いつもの様にちゃっちゃと出来ない
●腰痛 ●何をするのも面倒くさくなる
●なんか疲れるし、その疲れがとれない ●色々なことが気になり、細々と整理整頓する
●寝てるのに、眠い ●誰も自分を理解してくれず、支えてくれないと思う
●おりものが多い ●家にひきこもり、一人で居たい
●のどが渇く ●人つき合いが悪くなる
  ●家族や友人にめちゃめちゃ言う

 どうでしょう?いくつ当てはまりましたか?女性も男性以上に働き、かなり強いストレスを受けるようになり、食生活や休養・睡眠も不規則になりがちです。

「生理」は女性の心と体の大事なバロメーターです。「生理」の状態で今の自分の状態がとてもよく分かります。

生理についての詳しい事はこちら

PMSかどうか確かめるには・・・
*基礎体温表をつけてみましょう!
 生理は大きく4つの時期に分かれます。卵胞期(低温期)、排卵期、黄体期(高温期)、月経期です。基礎体温表をつけるときに身体の症状や、心の症状についても書き添えていくと自分がどういうときに、どういう症状が現れやすいのかが良く分かります。

  ポイントは、
   1.同じ症状が周期的に現れる。
   2.生理前の2週間(黄体期)に症状が現れる。
   3.生活していくのに支障が出て何とかしたいと思うくらい、症状が重い。

PMSセルフケア方法

*基礎体温と自分の症状をつけていくことで、「私はPMSなんだな」と気づく事が大切です。
 また自分の症状の原因を知ることで気持ちが楽になり、記録をつけていくとだんだん症状が軽くなる事も多々あります。基本的に、PMSは女性なら多かれ少なかれ誰にでも起こることで、「自分だけが何故、こんなしんどい思いをしなあかんねん・・・!」と思わず、上手につき合っていく方法を身につけて、前向きに、もっと楽に暮らしましょう。

*食生活でPMSを撃退!
 偏った食事はPMSの原因の一つでもありますし、美容にも最悪です。動物性・植物性タンパク質、緑黄色野菜、海草、キノコ、鉄、カルシウム、マンガン、亜鉛、セレン、葉酸などなどバランスの良い食事は、人の身体と心を作り、守る大事なものです。

 生理前には、PMSでなくても、以下の物はあまり摂らない方が良いようです。

●過剰な砂糖(お菓子やジュースなど)
●過剰な塩分(漬け物やベーコン等の保存食など)
●カフェイン(コーヒー、紅茶、日本茶、チョコレートなど)
●アルコール
●小麦粉製品(パン、ケーキ、パスタなど)
●添加物(冷凍食品、カップラーメンなど)

*漢方薬やハーブなどでPMSを撃退!!
 漢方でPMSは、「PMS」という病名はなくても、生理前後の女性に良く見られるものとして、対処法があります。
漢方は「病名」でなく、「症状」で決まるからです。

 「PMS」の症状のイライラして、直ぐカッとする、何でもないことに苛立ったり、気にしたりするのは、「肝」の機能の一つの「疎泄作用」の調子が悪くなっていることが多いです。

 「肝の疎泄作用」とは、色々なものを「君はあっちへ」、「君はこっちだよ」と、交通管理する役目のことです。
この疎泄作用を持つ処方を中心にして、ホルモンのバランスを整える生薬やハーブを使います。

ここに載せているのはあくまで一般的な例です。
症状によってお一人お一人使う処方は異なります。必ずお問い合わせ下さい。

症状別ご相談トップへ戻る

▲ページトップ
日本橋の漢方薬局 戎橋阪本薬局