大阪府大阪市中央区日本橋の漢方薬局・漢方相談は漢方薬局- 戎橋阪本薬局 期 | おりもの 大阪府大阪市中央区日本橋の漢方薬局・漢方相談は漢方薬局- 戎橋阪本薬局 期 | おりもの
大阪府大阪市中央区日本橋の漢方薬局・漢方相談は漢方薬局- 戎橋阪本薬局 期 | おりもの
メールで問い合わせる プライバシーポリシー サイトマップ
ホーム 阪本の赤まむし オンラインショップ 店舗案内
ホーム > 症状別ご相談 > おりもの
おりもの(帯下)

大阪府大阪市中央区日本橋の漢方薬局・漢方相談は漢方薬局- 戎橋阪本薬局 期 | おりもの

おりもの(帯下)は女性の体のシグナル
 おりもの用シートが市販されているくらい、おりものに悩んでいる方は少ないないようです。と言って、婦人科にかかるのも抵抗があるし、薬剤師相手でも、薬局でも相談しづらいでしょう。そこで少し書くことにしました。参考になれば幸いです。

 おりものは、排卵期と月経の始まる直前にあるものです。しかし、低温期・高温期もおりものがあって不快な思いをしていたり、匂いがきつくて、周りに何か言われないかとびくびくしている人もいるようです。

 おりものは女性の体の大事なシグナルの一つです。

 おりものの匂いがきつくて黄色っぽかったり、陰部があまりにかゆくなったときは、性病の可能性もあります。そういう場合は、出来るだけ早く、パートナーと一緒に、婦人科か泌尿器科で見てもらって下さい。

漢方で見るおりもの(帯下)とは
 おりものは、排卵期と、月経期前に見られ、排卵期のおりものは透明、月経前のおりものはうす茶色です。しかし、その他の期間にあるおりものは、体の症状を表します。

色での分類
おりものの色
漢方での分類
対応処方
(ここに記載しているのは一部です)
白っぽい・薄い色 漢方では「虚・寒・湿」に属し。体力・気力が無く、寒さから来ている・水分代謝が悪い事が挙げられます。 補中益気湯・桂枝茯苓丸・五苓散など
黄色・赤色・臭い 漢方の分類では「実・熱」といい、膣・子宮頸部の分泌物で、炎症を起こしていたり、熱症状を伴うときに多く見られます(例:風邪で熱を出しているとき)

加味逍遥散・竜胆しゃ肝湯・五行草・白花蛇舌草など


状態を加味しての分類
状 態
漢方の分類
対応処方(ここに記載しているのは一部です)
臭い・濃い 湿熱下注 竜胆しゃ肝湯・五行草など
生臭い・薄い 腎陽虚 参茸補血丸・海馬補腎丸・至宝三鞭丸など
粘稠・不透明・出血 心脾両虚 帰脾錠・田七人参など

 おりものだけで、全体を判断することは出来ませんが、おりものに悩んでいる人は、冷え性・イライラ・吹き出物など、他にも気になる所があるかも知れません。

 臭くて血が混じったおりものが続くときは、子宮頸癌の可能性も無いとは言えませんので、「大丈夫かな?大丈夫よね・・・。」と自分を納得させないで、勇気が要ると思いますが、婦人科に行って、診断を受けてから安心して下さい。

ここに載せているのはあくまで一般的な例です。
症状によってお一人お一人使う処方は異なります。必ずお問い合わせ下さい。

症状別ご相談トップへ戻る
▲ページトップ
日本橋の漢方薬局 戎橋阪本薬局