大阪府大阪市中央区日本橋の漢方薬局・漢方相談は漢方薬局 ・戎橋阪本薬局 大阪府大阪市中央区日本橋の漢方薬局・漢方相談は漢方薬局
大阪府大阪市中央区日本橋の漢方薬局・漢方相談は漢方薬局・戎橋阪本薬局/癌
メールで問い合わせる プライバシーポリシー サイトマップ
ホーム 阪本の赤まむし オンラインショップ 店舗案内
ホーム > 症状別ご相談 > 免疫と癌(はじめに)
免疫と癌(はじめに)

■基本的な免疫の話

硬い話ですが基本です。ゆっくり読んでね。

免疫と癌(はじめに)・癌の漢方

■免疫とは
 
身体の「非自己」のものを認識し、それを排除しようとする仕組みのこと。例えば、臓器移植で、拒否反応を起こすのは、自分のものではないものが入ってくるからです。

■正常な免疫機能

1.防衛機能の正常
 
細菌やウイルスが進入したときに戦う機能がおかしくなると、感染したり、花粉が入っただけで過剰反応を引き起こします。



2.監視機能の正常
 
常に体中をパトロールして、癌の元になる細胞や、役目を終えた細胞などを消滅させる機能のことで、これが低下すると、動脈硬化・糖尿病・痛風・癌etcを引き起こします。

3.安定性
 
戦う力が強すぎると、自分を傷つけてしまうので、そうならないようにバランスを取っています。この安定性が崩れると、(リウマチetc)自己免疫疾患を起こします。

■免疫異常

A.過剰反応
1.アレルギー
 
抗原(異物に対する)防御反応が強すぎて、身体に弊害が起きる。

アレルギー反応の分類
抗体 関連疾患
I型アレルギー
(即時型:IgE依存型)
IgE抗体、肥満細胞、好酸球など 蕁麻疹、花粉症、気管支喘息、食べ物、薬アレルギー、アトピーなど
II型アレルギー
(細胞融解型)
IgG、IgM抗体、マクロファージ、キラーTリンパ球など 慢性肝炎、溶血性貧血、突発性血小板性紫斑病、慢性甲状腺炎(SLE)橋本病など
III型アレルギー
(免疫複合体型)
IgG、IgM抗体 血清病、全身エリテマトーデス、慢性関節リウマチ、糸球体腎炎など
IV型アレルギー
(細胞免疫性)
Tリンパ球、マクロファージなど 接触性皮膚炎、臓器移植の拒絶反応など
V型アレルギー
(刺激型)
IgG、IgM抗体 バセドウ病、重症筋無力症など

2.自己免疫
 
非自己にだけ反応する筈の免疫機能が、自分に向かうことで病気になる。

・代表的疾患
  慢性関節リウマチ、Sjogren症候群、全身エリテマトーデス、全身硬化症(強皮症)、筋炎、血管炎(川崎病など)、Behcet病など

B.免疫不全
 
免疫系統に何らかの欠損がある状態。生まれながらと、後天性(ステロイドの使いすぎ、AIDなど)

・特徴
  感染の反復、重症化、遷延化、本来はかからない微生物による感染(ヘルペス)など

・代表的疾患
  肺炎、気管支炎、副鼻腔炎、中耳炎、上気道炎、皮膚化膿症、反復性下痢など

■免疫機能の調節
 ひとくちに免疫機能といっても、色々なところからの調節を受けて、免疫系は成り立っています。



■免疫反応の分類



■免疫系の構成とそれぞれの役割
免疫器官:扁桃腺、胸腺骨髄、リンパ節、脾臓など
免疫細胞:白血球、組織細胞
抗体:Bリンパ球免疫グロブリン:IgA・G・M・D・E)
その他:自己抗体(自殺抗体)、補体、サイトカインなど
骨髄は免疫の中枢器官で、ここで、Tリンパ球が産生され、Tリンパ球は、胸腺で敵味方の区別を教えられる。
胸腺は、生まれてから20歳まで成長し、徐々に萎縮していく。
老化と共に、様々な病気が起こる要因の一つに、骨髄の免疫細胞を作る力が衰えると共に、胸腺の萎縮によるTリンパ球も低下も挙げられる

■白血球の分類



■Tリンパ球(B細胞)の働き
 
免疫機能の低下のとき、主にこれが低いことが多い。
胸腺から出来る
*機能
1.B細胞の分化や、抗体産生をコントロールする。
2.食細胞との共同作業で、取り込まれる病原体の破壊を助ける。
3.ウィルスに感染した細胞を認識して、破壊する。

■分類



■Bリンパ球(B細胞)の働き
 
免疫機能亢進のとき、主にこれと、これの産生を促す。リンパ球もおかしいことが多い。

骨髄から出来る
 Bリンパ球から、増殖・分化した抗体産生細胞から作られる抗体。

抗体の種類 含有量 存在場所 特徴
IgG
70〜75% 血清中に最も多い免疫グロブリン
胎盤通過・抗毒素活性
IgA
15〜20% 消化道・気道の粘膜に多数存在
初乳などの分泌液にも存在
IgM
約10% 感染初期に、最も早く反応して出現
免疫早期に出現、後期にはIgG・IgAに変化する
IgE
微量 気道・消化道粘膜下の形質細胞から産生
マスト細胞や好塩基球表面に見られ、
I型アレルギー反応を起こす
IgD
1%以下
よく分からない
よく分からない

 アレルギーの場合、正常時はものすごく少ないIgEが、花粉などの抗原が入ってくると、一気に増える。
風邪を引きやすい・花粉症・アレルギーの場合、鼻や喉・胃腸の粘膜に存在するIgAが少ない人が多い。

免疫と癌(はじめに)・癌の漢方

ここに載せているのはあくまで一般的な例です。
症状によってお一人お一人使う処方は異なります。必ずお問い合わせ下さい。

症状別ご相談トップへ戻る
▲ページトップ
日本橋の漢方薬局 戎橋阪本薬局