大阪府大阪市中央区日本橋の漢方薬局・漢方相談は漢方薬局 ・戎橋阪本薬局 大阪府大阪市中央区日本橋の漢方薬局・漢方相談は漢方薬局
大阪府大阪市中央区日本橋の漢方薬局・漢方相談は漢方薬局
メールで問い合わせる プライバシーポリシー サイトマップ
ホーム 阪本の赤まむし オンラインショップ 店舗案内
ホーム > 症状別ご相談 > 糖尿病について:漢方編
糖尿病について:漢方編

漢方はその人の体質と症状によって様々・・・
 血液検査のない時代から使われてきた漢方には、本来「糖尿病」という概念はありませんが、煩渇・多尿などを示す「消渇」{典型的糖尿病の臨床症状に類似した三多一少(多飲・多食・多尿・体重減少)が特徴 }という病態で糖尿病を捉えています。

 現代の糖尿病に対する漢方治療では、この「消渇」を基本に、糖尿病予備軍や合併症を含めた病態や症状に対して、麦門冬湯・白虎加人参湯・六味丸・八味丸などをはじめとした漢方処方や生薬が応用されています。

 例えば、手足のしびれ・感覚異常などの糖尿病性末梢神経障害には、桂枝茯苓丸や疎経活血湯、桂枝加朮附湯、地竜などを使用したり、かすみ目・白内障・眼底出血などには、杞菊地黄丸や、田七人参、ルテイン・ゼアキサンチンなどの漢方薬や生薬・ハーブなどを用います。

 実際、白虎加人参湯や八味丸、人参(紅参)等で血糖降下作用が認められたという報告があるように、境界型の糖尿病予備軍や軽症糖尿病の段階など、経口糖尿病薬を使用する前に運動や食事の改善で何とかしたいと言うケースや、合併症を予防する為の体質改善などに、漢方薬やサプリメントの服用価値は充分にあります。

 一人一人、その方の体質に合うものを選びますので、必ず、漢方をきちんと勉強している薬局・薬店でご相談下さい。

漢方以外の様々なアプローチ・・・
糖尿病は、マグネシウムなどのミネラルが、通常の何倍も尿中に溶けて体内から出てしまいます。
糖尿病の男性がSEXに悩むのは、ホルモンの核になるべきミネラルが不足することも大きな原因の一つです。
ですから、糖尿病や境界線の方は、通常の人の何倍ものミネラルを摂る必要があります

そしてもう一つ、糖尿病は大量の活性酸素が発生し、血管や様々な臓器に悪影響を及ぼします。
この活性酸素を取り除くことも糖尿病改善には大変重要になります。

一人一人にとって必要なものは症状によって異なりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

糖尿病対策に毎日の薬用茶・・・
 何事もなってからでは遅いので、日々の健康を維持するために飲んで欲しいです。
 私はその時ある生薬を適当に混ぜて常備してます。
 ほうじ茶や煎茶を混ぜ合わせると飲みやすくなります。

代表的な民間薬(他にも色々ありますのでお問い合わせ下さい)
名前
成分・応用など
1日の目安*
甘茶
主成分のフィロズルチンは砂糖の約千倍の甘味で、糖尿病・肥満の人の低カロリー甘味料としても使われる他、胃腸病・胃弱にも応用。 単味:3〜6g
アララギ
(イチイ)
インスリン様作用で血糖値を下げる。また、通経作用や利尿作用により、浮腫や腎臓(尿蛋白)などにも応用。 単味:5〜10g
配合例:イチイ・タラ根皮各10g、連銭草5g
連銭草
(カキドオシ)
血糖降下作用や血圧降下作用などの他、利尿作用などを示し、糖尿、むくみ、泌尿器系炎症、結石などに応用。 単味:10〜15g
配合例:イチイ・タラ根皮各10g、連銭草5g
桑の葉
糖尿の口渇に用い、モラノリン(DNJ)などの成分が腸管の糖吸収を抑制して血糖を降下させる他、血圧・コレステロールの高い場合や、咳。痰などにも応用 単味:5〜10g
タラ根皮
インスリン様作用で血糖値を下げる働きの他、利尿作用があり、腎臓病や浮腫にも応用。 単味:10〜20g
配合例:タラ根皮・ビワ葉・連銭草各5g
ビワ葉

コロソール酸などの成分が抗糖尿病作用を示し、口渇・暑気さまし・下痢などに昔から使われている他、漢方では肺を潤すのにも応用。

単味:約10g
枇杷葉散:枇杷葉・か香・莪朮・呉茱萸・木香・甘草(等量)
ラカンカ テルペングリコシド配糖体は砂糖の300〜400倍甘く、体内で吸収されないので、糖尿病の人やダイエット中の甘味料としても応用。 3〜5個(軽く水洗いして手で粗く砕き濃縮煎じる)
甘味料としては適量を使用

代表的なハーブ
名前
成分・応用など
1日の目安*
ギムネマ葉 ギムネマ酸などによって腸管内の糖吸収抑制・インスリン作用増強などの抗糖尿作用を示す他、甘味抑制・虫歯予防作用もある 単味:10〜20g
(粉末:2〜4g)
グアバ
(シジュウム・バンザクロ)
ポリフェノールなどが腸管での糖吸収・食後過血糖を抑制。ノンカロリーでダイエットの他、抗アレルギー作用を示し、花粉症やアトピー性皮膚炎に内服・外用される。
葉:10〜15g
(抗アレルギー:5〜10g)
実:20〜30g
バナバ葉 コロソール酸などの成分が腸管での糖・脂肪吸収を抑制して、血糖・脂質改善作用を示す他、肥満・便秘などにも応用。 単味:5〜10g
ヤーコン葉 フラボノイドやテルペン類などの成分が、腸管での糖・脂肪吸収を抑制して、血糖や体重、中性脂肪の増加を抑える他、高血圧や便秘などにも応用。 単味:3〜5g
粉末:1〜1.5g

*水500〜600mlで沸騰後、弱火で15分程煎じる。

ここに載せているのはあくまで一般的な例です。
症状によってお一人お一人使う処方は異なります。必ずお問い合わせ下さい。

症状別ご相談トップへ戻る
▲ページトップ
日本橋の漢方薬局 戎橋阪本薬局