大阪府大阪市中央区日本橋の漢方薬局・漢方相談は漢方薬局 ・ 戎橋阪本薬局 大阪府大阪市中央区日本橋の漢方薬局・漢方相談は漢方薬局 ・
大阪府大阪市中央区日本橋の漢方薬局・漢方相談は漢方薬局
メールで問い合わせる プライバシーポリシー サイトマップ
ホーム 阪本の赤まむし オンラインショップ 店舗案内
ホーム > 症状別ご相談 > カルシウムについて
カルシウムについて

 
骨粗鬆症でカルシウムのことを書きましたので、もう少し補足しておきます。

骨はカルシウムの貯蔵庫
 カルシウムは骨に99%蓄えられていて、残りの1%が血液中や体液中に含まれています。この1%が生命維持に非常に重要な働きをしています。

カルシウムは60兆個の細胞にスイッチを入れる働きをします
 細胞にはそれぞれカルシウムの入り口があります。カルシウムはその入り口から入って、細胞の中の酵素に触れると直ぐに出口から外に出ていきます。細胞はカルシウムに触れた酵素の働きによって初めてそれぞれの機能を発揮します。

 通常の細胞内の出入りスピードは0.1秒ですが、脳は神経伝達物質など、生命維持に大変重要で、瞬時の対応が必要になる為、脳細胞への出入りスピードは0.0001秒というものすごい速さです。

■カルシウムパラドックス
 「カルシウムを大量に摂るとカルシウム結石が出来る」と考える方がたくさんいます。しかし、これは間違いです!!

 カルシウム結石は、カルシウム不足から起きるのです。

 カルシウムは、骨だけでなく、心臓のポンプ機能の調節など、人が生きていくのに無くてはならないミネラルです。ですからカルシウムが不足すると、命の危険があるので、身体は急いで副甲状腺ホルモンを分泌し、骨や歯のカルシウムを溶かしてカルシウムを補おうとします。

 しかし、必要以上のカルシウムが溶けだしてしまい、余分なカルシウムは血液や細胞に入り込みます。そのカルシウムが細胞内に付着して、 結石が出来る他、様々な障害が起こってきます。。これを「カルシウムパラドックス」と言います。

カルシウムパラドックスによってカルシウムが細胞内に付着すると・・・
血管の細胞が収縮し硬くもろくなる→
血行が悪くなる 肩こり
血流が悪くなり、酸欠状態 頭痛
細くなった血管に血液を通すと 高血圧
血管の細胞が弾力を失う 動脈硬化
血管の細胞がもろくなり切断 脳卒中
細胞が本来の機能を失ってしまう→
脳細胞が活性を失う 痴呆
眼球にカルシウムが沈着する 白内障
インシュリンの分泌が止まる 糖尿病
マクロファージが活性を失う
免疫細胞が活性を失う アレルギー
細胞で沈着したカルシウムがサンゴ状に 結石

 その他、風邪を引きやすくなったり、足がつる、まぶたがピクピクする、生理不順、イライラなども起きてきます。

ふけ顔のメカニズム
 カルシウム不足によって骨から溶けだしたカルシウムは、血液中だけでなく、細胞内にも大量に入り込みます。細胞に余分なカルシウムが溜まってしまうとその機能が低下してしまうので、機能低下を防ぐ為、細胞内のミトコンドリアがエネルギーを放出してカルシウム排除ポンプを動かし、細胞内に溜まった余分なカルシウムを細胞外にくみ出します。

  しかし、更年期の女性や慢性カルシウム不足の人の場合、常に細胞内に余分なカルシウムが溢れていて、ポンプの働きだけでは細胞内に溢れたカルシウムを排泄出来ないので、ミトコンドリア自体も余分なカルシウムを自分の中に取り込んで、細胞内のカルシウム量を調整します。

 が、その時カルシウムを取り込みすぎたミトコンドリアは呼吸障害を起こし、ミトコンドリア本来の働きが出来なくなってしまい、カルシウム排泄ポンプが動かず、余分なカルシウムが細胞内に溜まっていきます。

 結果、カルシウムのたまった細胞は機能が低下したり、死んでしまいます。

 更に細胞分裂も出来にくくなってしまい、新陳代謝が上手く出来ず、古い細胞・死んでしまった細胞がいつまでも身体に残っていきます。

 これが「ふけ顔」として、また身体全体の老化現象になって現れてくるのです。

吸収されにくいカルシウム
 カルシウムはそのままの状態では体内に吸収されず、胃酸の働きでカルシウムイオンになって初めて体内に吸収されますが、その量はとても少ないです。

 若いときは胃酸の分泌が活発なのでカルシウムはイオン化されて吸収されますが、年齢が増す毎に胃酸の分泌は減少し、カルシウムをイオン化する事が出来なくなってきます。

 カルシウムを摂っているつもりでも、加齢と共にカルシウムは不足し、脳や血管・臓器・筋肉などが気づかない間に老化し、ある日突然、病気として現れてくることが一番恐ろしいことです。

 乳製品や、小魚、小松菜など(骨粗鬆症参照)、当店でしたら、吸収の良いイオン化されたカルシウム、まむし、マカなどをお勧めします。

 

「タチカワ電解カルシウム」600ml \3.800(税別)

成人:1日量40mlを3回に分けて服用。小児はその半分。
100ml中、カルシウムイオン[Ca++]が80g含有している大変吸収の良い、当店に置いている唯一のカルシウム製剤。
無臭無色、PH11〜13のアルカリ性で、ほんのわずかに特徴のある味がしますが、飲む人によって味が変わります。甘いものばかり食べている人は苦く、肉ばかり食べている人は肉臭く、魚が多い人は魚臭いです。友人は何の味もしないと言い、私はちょっと苦くて生臭い感じがあります。試飲した若い女性で泣き出した方がいらっしゃいました。それだけ、身体が悪いって事なのですが。
症例:87歳女性/骨折
娘さんが心配して来店、「タチカワ電解カルシウム」を勧める。骨もくっつき、元々あった四肢の痛みも和らぎ、その後も服用、今まで歯のレントゲンで写らなかった歯が白く写りだしたと喜んで下さいました。

ここに載せているのはあくまで一般的な例です。
症状によってお一人お一人使う処方は異なります。必ずお問い合わせ下さい。

症状別ご相談トップへ戻る
▲ページトップ
日本橋の漢方薬局 戎橋阪本薬局